九州中洲で楽しもう

中洲と言えば、福岡市博多区にある地区の事を指して、那珂川と博多川の丁度中間の中州にあります。
「中洲」と「中州」字が違う事に気づいていますか?
細長い地形となっている場所で、なんとその長さは1kmもあります。
そこには九州最大の歓楽街があるので、夜になると多くの人が集る場所として良く知っている人もいるでしょう。
ちなみに日本の三大歓楽街は歌舞伎町・すすきの、そして中洲です。

夜になるとネオンでキラキラとしている光景は、きれいだと言っても良いでしょう。
そんな中洲は、どうしても夜のイメージが付きまとってしまいますが、実際には夜だけでなく昼間も楽しむ事が出来る場所です。
ラーメンや、それ以外にも海の幸を食べるのもお勧めなので、グルメを楽しみたいと思っている人は昼間に訪れてみても楽しめるでしょう。
勿論夜に行って、色々なお店に行ってアルコールを飲んだりその場の雰囲気を楽しむのもお勧めです。

ちなみに、夜の中洲に関しては女性は楽しめないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、女性であっても十分楽しむ事は出来ます。
まずは夜景を楽しむ事、そして屋台で色々な物を食べるなんていうのも良いでしょう。
また昼間と同様、ラーメンを色々と食べ比べてみるのも面白いのでお勧めです。
とはいえ、やはり一本奥に入ってしまうとドキドキとしてしまう事も少なくないので、一人、もしくは少数で初めて中洲に行く時とか女性が行く場合は、出来るだけ川沿いの方を歩くようにしましょう。
そうすれば夜のキラキラとしている中洲の夜景を楽しみながら、楽しむ事が出来るようになります。
また中洲ですが、日常的な楽しみがあるだけの場所ではありません。

イベントも開催されていて、例えば5月であれば博多どんたく、7月は博多祇園山笠、10月は中洲祭りが開催されています。
これらのお祭りでは様々な歴史ある物を目にしたり、活気あふれる光景を見る事もできるのでこのお祭りがある時期に合わせて行って楽しむというのも良いでしょう。
歓楽街というイメージが強いので、そこに行くのを敬遠している人もいるかもしれませんが、実は色々な人が楽しむ事が出来る場所です。
もし福岡に行く事があったら、中洲に行って色々と楽しんでみてはいかがでしょうか。
明太子が食べ放題のお店や、麺の固さが選べるラーメン屋さんなど、ここに来なければ体験できない魅力的な場所が沢山あります。
珍しい物、おいしい物とかも沢山あるのでお腹もいっぱいになります。

このように、福岡という土地は外から見ても魅力満載のため圏外から引っ越して住まうようになる人も意外と多くいるそうです。
博多美人という言葉にある通り、博多や福岡をはじめとした九州地方に美人が多いというのはその土地の魅力に惹かれ多くの人が集まるからかもしれませんね。
ネットの写真や画像で調べても福岡には美人が多いイメージです。
小さい頃からかわいい子が集まる福岡の写真館で記念写真を撮ってもらっていたり、美味しいものを食べて育つと自然と美人が多くなるのかも知れません。
もしくは幼いころから写真を撮られ慣れていると、自然と美意識が高まってくる…なんてこともあるかもしれませんね。
百聞は一見にしかずとよく言うように、話を聞くよりもまずは福岡へ直接行ってみることをおススメします。現地を生で感じたら、素晴らしい土地であると納得してもらえること間違いなしです。